So-net無料ブログ作成

日本人らしさ [靖国神社]

太古の昔、海に閉ざされた日本で生活をしていた日本人。
豊かな自然に厳しい自然、山に海に豊富な食料に台風や地震。
誰もが協力しあって生きてきた。
縄文時代の地層には対人武器は一切発見されてない。

発掘された縄文時代の土偶の写真、笑っている、
見ているこっちも つい もらい笑いしてしまった-太古の時を超えて:
20140505_縄文美術4_320.jpg
20140505_縄文美術3_320.jpg
参照:「縄文美術館」(写真=小川忠博 平凡社)

出土された大量の漆塗りの装飾品は女性が着飾っていたことを示している:
縄文時代の女性_320.jpg

発掘された妊娠した女性を示した土偶がどれも壊れている理由は、
女性と子の無事への祈りの儀式に、
出産による本人と子へのリスクの身代わりとして破壊された、とか
亡くした小さな子供の足型のボードがあったり、とか。
数千-数万年もの昔の日本人たちの優しさが伝わってくる。

仲が良かったから、もうこの頃から和があったから
皆で知恵を出し合い生活を改善し続けることができた。
だから日本にも文明が始まったのだろう。
 30,000年前の磨製石器は世界最古
 16,500年前の土器も世界最古
  9,000年前の稲作の痕跡が大量に検出
  1,300年前の世界最古の木造建築物=法隆寺・五重塔
  :

やがて朝鮮半島から人が渡ってくると治安が悪化、
対人用武器も持ち込まれ、女性は着飾る余裕は無くなる。
それでも長い時を経て日本人らしさは引き継がれてきた。

和の中で長い時を経て交わしたい言葉が生まれ
豊かな自然に表現したい言葉も豊富になって
やまと言葉になっていったのだろうな。
もしかしたらもう縄文時代にも「かわいい」があったのかもしれない。
豊かな言葉に例えられるのが、雨。
五月雨(さみだれ)、夕立、時雨(しぐれ)、霧雨、春雨(はるさめ)、秋雨(あきさめ)
日本の雨の表現は400以上もあるらしい
一方で、悪口-罵倒する言葉は極端に少ない。
少なすぎて「貴様」や「いい加減」が悪い意味にとられてしまう。
一方で数千年の支那の属国で百年-数千年単位で暴君に常時圧制搾取され続けた
人口4割の奴隷たちが吐き続けてきた悪口罵詈雑言は3,000もあるとか。

かわいい、に加えて いただきます、ごちそうさま、も やまと言葉。
豊かな自然に厳しい自然にカミ様があってカミの家、社(やしろ)があって
神社になって神道になって やまと言葉が増えていった。
カミに感謝し祖先に感謝し生きてきた日本人。
神道は神話から始まって皇室があって男系一世の天皇が125代続いている。
日本が世界一長く歴史が続く理由に この神道と天皇がある。
今年で2674年にもなる。
次がデンマークで 1020年程度、その次がイギリスで 948年か。
世界の主な君主国_日本会議_240H.jpg
ところが日本では神話・神道・皇室・天皇を教えない。
戦後日本を占領したGHQと反日なサヨクと在日、敗戦利得者、
それに洗脳された無関心で憐れな多くの一般日本人たちのせいがある。

「神道」は宗教じゃないんだな。だいたい「神教」じゃない。
神道は日本人の生き方、哲学、日本そのものなのだと思う。
日本語そのものが神道からきているし神道や日本仏教に連なっている。
いただきます、ごちそうさま、おかげさま…。
「宗教」という言葉の下に組み入れられるものじゃないと思う。
欧米の「植民地」と日本の「植民地」では意味が全く違うように。
日本の和の社会は欧米の言う「平等」や「自由」や「民主主義」とは違う。
しかし神話を、真実の国史を失った日本人は歴史を顧みない。
欧米平等と自由と民主主義とグローバル化に邁進し日本を失いつつある。
日本語・言霊があっても生活-伝統/文化が変われば日本は失われてしまうだろう。

世界一長い国史を継続し続けてこれた理由はある…
守らなければならない伝統、文化、社会の仕組み。神話と国史。
保守すべきものを知り、保守する。

民主党政権時代の日本がどれほど破壊されつつあったか。
どれほど危機的な状況であったのか、デタラメ過ぎて自滅した民主党。
真実の歴史を知らない多くの国民は知らない。

1600年代の海外の文献にだって日本人らしさがある:
 ゴーレス人…1600年代初頭の海外の日本人
 http://devlin.blog.so-net.ne.jp/2013-06-30

60数年前も日本人らしさがあって大東亜戦争に突入した。
欧米の凄まじい非道と邪悪を多くの日本人は知っていた。
自存自衛に戦い、アジア解放に戦う意味を知っていた。
護国の為にカミカゼ特攻もした。

日本民族再興 と 靖国神社
http://devlin.blog.so-net.ne.jp/2012-03-05

神風特攻 と 靖国神社
http://devlin.blog.so-net.ne.jp/2012-09-30-2

欧米の凄まじい非道と邪悪は、例えば 高山正之(著)の本や
週刊新潮の「異見自在」を読めば詳しい。



欧米の非道と邪悪は戦後の日本でも吹き荒れた。
焚書、検閲、言論統制、神道指令、財閥解体、労組強化、日教組組織、
反日政治犯釈放、反日在日を利用、公職追放、東京リンチ裁判、
朝日新聞の利用、NHKの利用、敗戦利得者の利用、
WGIP …War Guilt Information Program

アーノルド・トインビー(歴史学者):
「12、13歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」

三島由紀夫:
「私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。
このままいったら「日本」はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。
日本はなくなって、その代わりに、無機質な、からっぽな、ニュートラルな、
中間色の、富裕な、抜け目がない、ある経済大国が極東の一角に残るであろう。」

正にそうだ、と思う。絶望的な気分になる。

デタラメな学校歴史教科書、
デタラメなNHKや朝日新聞の歴史報道、
デタラメな中国、南北朝鮮、欧米の歴史関与。

でもまだ、まだ日本には 日本精神が残っている。
まだ Kamikaze Spiritsは生きている。

安倍晋三:
「日本を取り戻す」

日本は誰のものか。
今を生きる日本人だけじゃなく、
過去を生きて日本らしさを築いてきた日本人、
護国の為に戦ってきた日本人を含めた
全ての日本人のもの。

日本人らしさを失ってはならない。

---
参照:「昔も今もすごいぞ 日本人」小名木善行氏 彩雲出版


---
平成26年=皇紀2674年4月5日の靖国神社。

20140405_靖国神社と桜01_480.JPG
20140405_靖国神社と桜02_480.JPG

20140405_靖国神社と桜03_320.JPG
20140405_靖国神社と桜04_320.JPG
20140405_靖国神社と桜05_320.JPG
20140405_靖国神社と桜06_320.JPG
20140405_靖国神社と桜07_320.JPG
20140405_靖国神社と桜08_320.JPG
20140405_靖国神社と桜09_320.JPG
20140405_靖国神社と桜10_320.JPG
20140405_靖国神社と桜11_320.JPG
20140405_靖国神社と桜12_320.JPG
20140405_靖国神社と桜13_320.JPG

---
社頭掲示
http://www.yasukuni.or.jp/history/will_past.php?id=0081

九段のお社でお待ちして居ります

海軍少尉 川越勇 命

昭和二十年四月十四日
朝鮮延海にて戦死
宮崎県東諸縣郡本庄町出身
三十六歳

紀子(としこ)さんへ
父ちゃんより

紀子さんは小さくて良くわからないかも知れないが、
父さんは海軍軍人として天皇陛下様の御為、悦んで死ねます。
父さんはこんな嬉しい事はありません。
父さんは何時も忙しい体で、紀子を可愛がる事も出来ませんでしたが、ゆるして下さい。
之(これ)から父さんはいなくても、一番良いお母様やオヂイ様オバア様方の教へを良く聞いて
立派な人になって下さい。
さうして大きく成ったら、お母様にたくさん孝行をして下さいね。
貴女方はお父さんの子として、決して恥しくない人になって下さいね。お願ひします。
そして、お母様達と靖國神社に会ひに来て下さい。
お父さんは九段のお社でお待ちして居ります。
お会ひしたらお約束のお土産を上げませうね。
紀子達には、良いお母様が居ます。
さびしがらず立派な強い日本人になって下さい。
お父さんは何時も貴女達をお守りします。
御幸福を祈ります。御機嫌宜しく。

(原文のまま)

20140405_靖国神社と桜14_320.JPG

---
靖国神社とは:
http://www.yasukuni.or.jp/

靖国神社敷地内博物館 遊就館とは:
http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/

靖国神社に敬意を示し崇敬奉賛会へ(3,000円/口/年/正会員):
http://www.yasukuni.jp/~sukei/admission.html

BLOG RANKING:人気ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 1

お名前(必須)

神道は、仏教が渡来したときに区別がつくように、「神道」と呼ばれるようになったそうです。だから、それまでは「道」を意味するもので、何の道なのかというと、生きていくために必要なこと大事なことを伝えてきたんでしょうね。
by お名前(必須) (2014-08-05 00:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。