So-net無料ブログ作成
検索選択
日本を知る ブログトップ
前の30件 | -

国旗 [日本を知る]

何年も前に米国西海岸へ出張した。
ハワイへは急襲..でない..行ったことがあっても本土上陸は初めて。

到着日に連れてかれたのがファーストフードチェーン店で、
小っこくて窮屈そうなタンクトップと短パンをくっつけた
ウェイトレスがうようよしてる Hooters。
アメリカンだ。

カリフォルニアからサンディエゴへのハイウェイを走行中、
隣のドライバーがよそ見して巨大トラックにおかまをほって
クラッシュしかけ、レンタカーはおしゃかになった。
パトカーと代替レンタカーがきた。
大らかなトラック野郎は衝撃で積荷の加工木材が斜め位置のまま行ってしまった。
アメリカンだ。

週末に海岸に行くと、
乳母車を押してローラースケートで疾走する水着のママたちや
超人ハルクよりすごい どでかい上半身裸の筋肉隆々マッチョマンが現れる。
アメリカンだ。

しかし、なによりも印象に残ったのは、
行く通りの街中のあちこちで国旗がはためいていたこと。
家のドア全面にも貼りつけてたり、
ガラス窓に国旗をはさんで走っている車があちこちにいた。
もちろん国旗はアメリカの国旗、星条旗。
独立記念日にあたる時期だった、
アメリカンだ。

でも感心した。
みんな自分の国が好きなんだ。

一方、思った、
日本じゃありえない光景だと。
さすがはアメリカだと。

当時は近代史を知らなかった。
だからそう思ってしまった。

今は違う。

かつての日本にも国旗、日章旗が あちこちにはためいていた、とも知った。
去年 世田谷美術館分館で 写真展「大東京」があって
(「清川泰次」が写した昭和十五年のメトロポリス」)
皇記2600年を祝う銀座の街などで国旗がはためいていた。
そのころの日本は誇りがあり一体感があり日本が好きな日本人で溢れていたのだろう。

いま日本はマスコミや政治家のせいで東京裁判史観に毒されてしまっている。

車に日章旗ステッカーを貼ってある、
すると冗談げに ”右翼” と言う友人がいる。
やれやれ。

でも今だって祝日には玄関に日章旗を掲げている家がたまにはある。
うれしくなる。

祝日、旗日には日本人ならみんな国旗を掲揚するべきなんだ。
日本には自国を愛するふさわしさと価値が最も大きくあるのだから。

もうすぐ 4/29 昭和の日。

ベランダにだって国旗を掲揚できる:
20090407_日章旗.jpg

BLOG RANKING:人気ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昭和の日 [日本を知る]

明治維新は薩摩藩から。
西郷隆盛や坂本龍馬ら志士がいたのも島津斉彬がいたからに違いない。
その島津斉彬の献策により幕府は日本総船印を日章旗と制定、
日本の国旗として使われてきた。

その国旗をベランダに掲げて出かけた。
今日は旗日、昭和の日。

4/29は「天皇誕生日」だった。
昭和天皇から今上天皇になり「天皇誕生日」は12/23へ移った。
しかしこれまでと同じように 4/29は平日に戻らなかった。

理由は昭和天皇を慕う当時の国民の心情に配慮したものとも言われている。
それに昭和は日本史上で最も尊く立派な時代だったからだと思う。

ところが4/29は昭和天皇とは関連のない「みどりの日」になってしまった。
日本を それに昭和を立派な時代と認めたくない反日勢力が動いたに違いない。

でもまだ まともな日本人がいてくれる。
「国民に何の感銘も反省も促さず、先帝への追慕の気持ちも表わさぬ
この軽薄な名称に私は反対する」
(平成元年1月25日、独協大学教授 中村粲)

「昭和の日」への動きが始まった。
まともな国民たちが根気強く動き続けた。
驚くほど長い時間がかかり 10-12年して「昭和の日」への目処がたってきた。

ところが!
共産党、社民党、朝日新聞が大反対、
「軍国主義の闇にとざされた戦前と民主主義の光輝く戦後は
断絶しているから「昭和」で一括りにできない…云々」

バカめ、戦前だって戦勝国の米国よりも圧倒的に日本は民主主義だ!

しかし多くのまともな国民は昭和=悪という史観なんて持ってなかったと思うし、
それにまともな日本国民は昭和天皇が大好きだった。

更に時間がかかったが、平成17年5月、ついに祝日法改定、
平成19年から 4/29は 「昭和の日」になった。


まさに激動の昭和。
昭和から失敗を学び、昭和の立派で尊い力を糧にする。

我らが「昭和の日」。

20090429_西郷南州顕彰館・日本国旗2.jpg

BLOG RANKING:人気ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みどりの日 [日本を知る]

むかし何かの雑誌に載っていた 束ねた割り箸の写真を覚えている。
使い捨ての割り箸を20-30cmの径に束ねて森林を背景にテーブルに置いてある。
写真家の名前は覚えてないが外国人だった。
写真に題名と解説があった気がするが これもよく覚えてない、が
たしか環境破壊云々、1日に何千万本も日本で消費、と書いてあった。
欧米じゃホーク、ナイフだし、韓国だって鉄製の箸を使いまわす、
ダメだな、日本は、と思ったことも覚えている。

ところが違うらしい。
日本の場合、割り箸は森、山を守ることに一役買っていたらしい。

「葉に光が当たるよう間引きをしなければ、山が痩せていく。
 木を切ることが山のためになるのだ。」と。
切った木は間伐材といって建築材とし、余った部分が端材といってこれが割り箸になる。

「割り箸を使うことが環境破壊だ。そういう誤解が広がっているのが悲しい。
 間伐は山のために必要なことです。吉野の割り箸作りは森を生かすための行為。
 そう自負しています。」
奈良県、吉野で撮影した 田中和義氏が撮影した写真と記事に書いてある。
(残念ながらこの記事の切り抜きの出所、日付の控え無し。)

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こどもの日 [日本を知る]

クロスバイク(自転車)で江戸川土手沿いを走った。
緑の芝がとてもきれいですばらしい。
連休で親子ずれも多くとても賑やか。
なんとも のどかなで平和な休日。
鯉のぼりが空に泳いでいた。

あしたは「こどもの日」。
しかし、海外出張...。

20090505_こどもの日5.jpg
参考(写真): http://pht.so-net.ne.jp/photo/genn/albums/154051

BLOG RANKING:人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本を知る (遊就館) [日本を知る]

ちょっとでいいんだ。
日本をもう少しだけ知ってもいいじゃないか。

どうやって知るかって?

それは歴史を学ぶことなんだ。
学校で学ぶ歴史、この日教組指導の歴史教育ではだめだ。
大事なことは教えてくれないし、その内容は歪曲されている。
自虐史観にして歪曲している。

靖国神社の敷地に “遊就館” という施設がある。
そこにいけばガツンと学べる、近代史を。
20090510_01遊就館.jpg

いきなりゼロ戦が展示してある、無料入場できる 1階に。
もしかすると 違和感で のけ反る か ひいてしまう輩がいるかもしれない。
でも、よほど自虐史観に洗脳されてなければ、
遊就館から出てくるまでに違和感はなくなっている。
そうあってほしい。
20090510_03遊館館ゼロ戦.jpg

もうこれは博物館、大きい施設。
(大人800円 / 大学生500円 / 中学・高校生300円 / 小学生100円)
ここでホンモノの近代史を詳しく学べる。
嘘や歪曲された内容なんてない。
http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/index.html

最初から最後まで丁寧に観ていくと 数時間、あるいは一日かかる。
丁寧に観てまわるなら、たとえば小一時間だけ、なんて無理。

入ってすぐに映像を観れる。これは “必ず” 観ておくべき作品:
「私たちは忘れない」(50分)
10時/11時/12時/13時/14時/15時(/16時)から

残りはひとりで観てまわるのがいいかもしれない。
美術館や博物館にいくのと同じだ、連れがいると観るペースがずれる(?)。

出口近くになると多くの顔写真が壁に現れる。
祖国のために散って行った国士、英霊たちだ。
写真には順番なんてない、上も下もなく紹介されている。
坂本龍馬だっている。
20090510_05遊館館_坂本龍馬3.jpg
20090510_06遊館館_坂本龍馬2.jpg
20090510_07遊館館_坂本龍馬1.jpg

本当の、ホンモノの “正しい歴史認識” をされ、
毅然とした日本精神の持ち主が増えますように。

20090510_02遊館館入口.jpg
参考(写真): http://pht.so-net.ne.jp/photo/genn/albums/154941

BLOG RANKING:人気ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

新しい歴史教科書 [日本を知る]

平成21年5月17日、「新しい歴史教科書を作る会」主催で
保守派の講師7名による「日本を語る大講演会」が開催され、出席してきた。

唯一まともな歴史教科書が発売される、その記念。
ただ学校での採用率は非情に僅少、たしか数%。
相変わらず嘘でかためた自虐史観の歴史教科書を大量に採用しているということだ。
とても残念。
NHKと ともに日教組も可及的速やかに解体させないといけない。

5月24日に市販本が発売される。
市販本には今回の講演会の講師を含めた日本の歴史への視座についても書かれている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

国立科学博物館 [日本を知る]

先日、東京都台東区は上野公園にある国立科学博物館
特別展「知られざる南半球の支配者 大恐竜展」を観てきた。

ガキンチョたちの歓声に混じって われ負けじと辛抱強く観てまわった。
ふっ、こっちの方が背が高いぶんよく見えるぜ...

しかし、この国立科学博物館は常設展の方がすごい。
規模がでかく、「恐竜の謎を探る」もあって恐竜についての展示もある。

日本館:
「自然をみる技」
「生き物たちの日本列島」
「日本人と自然」
「日本列島の素顔」
「日本列島の生い立ち」

地球館:
「宇宙・物質・法則 / 科博の活動
「地球環境の変動と生物の進化 -誕生と絶滅の不思議-]
「地球環境の変動と生物の進化 -恐竜の謎を探る
「地球の多様な生き物たち」
「科学技術の偉人たち」
「科学と技術の歩み / たんけん広場-身近な科学
「大地を駆ける生命 / たんけん広場-発見の森
  :

以外にも映像、シアターだとかもある。
自分で動かし試せる光学や物理などの原理を理解できる
実験道具設備もいくつもある。

盛り沢山だ。
さすがは国立。

丁寧に見て回ると丸一日かかる。
これで やがてはガキンチョたちは生物学者に物理学者、科学者に歴史学者、
宇宙飛行士だってなれるに違いない、なんでもこいだ。

http://www.kahaku.go.jp/
国立科学博物館より:
20090608_国立科学博物館.jpg

BLOG RANKING:人気ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

教育勅語 [日本を知る]

教育勅語(ちょくご) = 軍国主義
と連想してしまうなら、それはマスゴミにしてやられた、
と思わなければいけない。

教育勅語とは、
明治23年(1890年) 明治天皇が直接国民に示された
日本人の常識的な心がけとして大切なことをまとめたもの。

「汝(なんじ)、人を殺さず」のような当り前のことはもちろん書いてない。
が、他民族他宗教には必要だったのだ、簡単に人を殺す。


教育勅語は全部で 315文字ある。
朕惟フニ、我ガ皇祖高宗、国ヲ肇ムルコト宏遠ニ、徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ…

台湾人の日本語世代の老人たちは皆これを暗記している。
暗記してないと小学校を卒業できなかったらしい。


理解しようと本を買って読んでみた。
でも いまいち よくわからん。


ところがわかりやすい記事があった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

リンク集 -誇りある国のために [政治] [日本を知る]

真実を追求してください。
誇りある国のために。

日本が立派な国であってほしい、そう思います。
たとえば、 負けない、嘘を言わない、弱い者いじめをしない 許さない国。

それには国民の誰もが国づくりに参加することが必須です。
ところが 今のテレビ新聞は 公平な報道をしてません、驚くほどに
すると国民の判断は誤ります、国づくりの方向を誤ります。

真実を追求してください。
凛とした国のために。

次世代への近代史をつくるのは いまを生きる我々です:

---
立ち上がった日本女性たち…日本女性の会 そよ風:
http://www.soyokaze2009.com/
http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/

選挙に行く前に知ってほしい、政治家の思想と実績:
http://senkyomae.com/

民主党の正体:
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html

日本を守り正したい…博士の独り言:
http://specialnotes.blog77.fc2.com/

日本を守り正したい…花うさぎさんのブログ:
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/

国を売る法案…外国人参政権に反対する会:
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/

外部圧力に屈しない唯一の放送局…日本文化チャンネル桜:
http://www.youtube.com/profile?user=SakuraSoTV&view=videos

my近代史 [政治]:
http://devlin.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300627460-1

20090719_Z旗.jpg
(2009年8月13日 編集)

BLOG RANKING:人気ブログランキングへ

nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

伊勢神宮 と 東京国立博物館 [日本を知る]

東京上野にある東京国立博物館で開催の
伊勢神宮と神々の美術」に行ってきた (2009年8月6日)。

20090806_東京国立博物館01.jpg

第62回式年遷宮記念 特別展「伊勢神宮と神々の美術」:
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=6503

日本最古の歴史書、古事記/日本書紀に伝えられる
伊勢神宮ができたのは 2000年も前。
神々の中心である天照大神が祀られている。
かつては日本人の誰もがせめて一生に一度の神宮への参拝を望んでいた。

1300年前からは式年遷宮が始まった:
式(さだめ)年:
決まった年、20年ごとに
遷宮(宮をうつす):
神体(八咫鏡=やたの鏡=大きな鏡=三種の神器のひとつ)を新しい神社に移すこと。
1600点余の神々の御装束神宝も新しくされる。

新しくする理由:-社殿の耐久性か、-技能継承か、-原点回帰のため?

それにしても1300年もの間、今現在も 神宮の全てを新しくしている、すごい!
第62回式年遷宮は平成25年、あと4年後。

---
残念ながら写真撮影は禁止、しかし
別の館での一般展示品への写真撮影は限定で許可されていた。

続きを読む


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

親日パラオ 強かった日本軍 [日本を知る]

昭和19年、パラオにあるペリリュー島で
米軍は日本軍を 2-3日で殲滅するつもりだった。
圧倒的な軍事力の差があった。

しかし日本軍は強かった。
「壮絶極まる勇気と祖国を想う心根」で戦った。

70日間も戦い米軍に大打撃を与えた末に玉砕した。
「願いは、ひとえに祖国日本の滅亡を防ぐことであった」

彼らの強さがために今がある。

そんな日本軍人を尊敬したパラオの民。
パラオ共和国の国旗は 日章旗とそっくりだ。

20090916_パラオ共和国国旗.jpg

---
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090916/acd0909160742002-n1.htm

【元気のでる歴史人物講座】(37)中川州男
2009.9.16 07:41

■パラオ国旗と敵将からの詩

太平洋にあるパラオ共和国は親日国として知られている。国旗は日の丸と同じ構図で、黄色の丸の回りが青色で月章旗と呼ばれる。日本を深く尊敬し、手本として見習う意味がこめられている。

続きを読む


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本語 [日本を知る]

いま世界で漢字を使っている国は中国と日本、それに台湾だけ。
日本はシナ大陸から漢字を輸入したけれども
そのまま使うことなく 大和言葉を維持しひらがなをつくり
日本語を昇華していった。

明治維新のころは 大量の言葉が日本で造られた。
日本漢語。その言葉 数千の言葉は シナ大陸に輸出された。
(大量のシナ人留学生がシナ大陸に持ち帰った。)

いま中国語から当時日本から輸出された言葉を抹消してしまうと
中国語での会話はなりたたくなる。

たとえば 中華人民共和国 の 3分の2。
「人民」と「共和国」は日本で造られた日本漢語、日本語。

他にも例えば:
権利、義務、社会、経済、演説、象徴、芸術、美学、典型、自由、民権など

しかも日本語には日本の伝統、文化、大和魂が組み込まれている。
これは ものすごい 強みだと思う。

「日本語は中国語より遥かにすぐれている」
という記事があった。

そう思う。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の太陽神 [日本を知る]

日本列島をつくった伊奘諾尊(イザナギノミコト)から生まれた
女神である天照大神(アマテラスオオミカミ)は太陽の神様。
(海原を治めることを拒否した素戔嗚尊(スサノオノミコト)の乱暴に
怒って天岩戸(アマノイワト)にこもり世界は暗闇に閉ざされてしまった。)

天照大神の孫の孫の子供が初代天皇、神武天皇。
そして 125代目の天皇が今上天皇。
神話から続く世界で最も長い王室/皇室。

天照大神は高天原(タカマガハラ)にいらっしゃる。
高天原って ずっと上(カミ)にある。

だから たとえ 独りだったとしても 良いこと をしてると
お天道様は優しく見守っててくれる。

だから どんな悪いことも しちゃぁいけない。
罰があたる。 なんせ
「お天道様はお見通しだぜ!」

お天道様が御怒りになる。

---
産経新聞:
http://sankei.jp.msn.com/science/science/091014/scn0910141158001-n1.htm

太陽が怒ってる!?
2009.10.14 11:50

 太陽が怒ってる!? 米航空宇宙局(NASA)の太陽探査機が、太陽の表面か吹き出る巨大なプロミネンス(紅炎)を撮影した=写真(NASA提供=ロイター)。プロミネンスは太陽の表面から飛び出た炎のように見えるガス体で、数千~数万キロの高さになる。9月26~27日にかけて、30時間にわたって確認された。

 国立天文台によると、太陽は平均11年周期で、活動が活発な「極大期」と活動が少ない「極小期」を繰り返す。現在は12年以上「極小期」が続いている状態。「この時期には珍しく大きなプロミネンス」(国立天文台)だが、極大期に入る前兆ではないという。

20091017_太陽.jpg
太陽の表面から吹き出る巨大なプロミネンス(紅炎)の撮影に成功(NASA提供=ロイター)
---
BLOG RANKING:人気ブログランキングへ

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

盗難のリスク と 日本 [日本を知る]

外国で盗難事件の被害者になってしまった連中を何人も知っている。

フランス・パリで
ヒスパニック系の男が道を尋ねてくる、
するとすぐにビジネススーツをビシッと着た白人男がやってきて
「警察だ」と手帳を見せながら言う…がこれはただの黒い手帳。
「ニセ札が出まわっているから所持金確認の協力をしてほしい」という。
すると そのヒスパニック系の男が財布を差し出す、がこの男はグル(さくら)だ。
つられて財布を出す。
目の前で札を確認しているにもかかわらず数枚残しほとんどを抜き取ってしまう。
それでワザと財布を手渡しじゃなくポケットに押し込んで返したんだ。
財布を開くとほとんど抜き取られている、連中はあっというまに失せている。
まるでマジシャン…営業部長・課長、被害額 20万円ほどだったらしい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国旗 と 検問 [日本を知る]

今まで遭遇したことがない場所で機動隊が検問をしていた。
代々木から皇居周辺を経由して靖国神社へ車で走っていると止められた。
先週 10/27に 民主党本部に男が木刀を持って乱入した事件の影響らしい。
近くに民主党本部がある。

しかし免許証は自宅に忘れた。
明日からの海外出張準備で既に財布を入れ替えてあった。
めんどうなことになった。
機動隊の他に地元警察官もやってきた。
やれやれ。

止められた理由は、車に国旗が貼ってあったから、だと言う。

「国旗のシールを貼ってますね?」
『…』
「大丈夫ですか?」
『はぁ?』
「いや、右翼を警戒してるんですよ。」
『国旗のシールを貼っているといけないんですか?』
  :

続きを読む


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

勤労感謝の日 と 新嘗祭 [日本を知る]

世界で最も長く奴隷制度を保ち、後も黒人/インディアン等を差別しまくる
格差社会であった米国から日本にやってきたGHQ占領軍は
日本を弱体化させ秩序を乱すことを大規模に徹底的にやった。

GHQが日本に民主主義をもたらした とは嘘だ。
奴らが来る前に既に日本は世界で最も民主的な国家だったのだ。
当時の世界を相対的に、比べてみると、そうなる。

約7年間の占領後に 日本を離れるマッカーサーに深く感謝し涙を流したのが
「敗戦利得者」たちで日教組やNHK、朝日新聞などのタコな腑抜けな連中と
騙された一部の国民たちだ。
いまじゃ騙されている国民は多数派になってしまった。

GHQは 日本の祝祭日の真意を消し去り
日本人の心と日本の伝統の絆を破壊しようともした。

11月23日は「勤労感謝の日」でなく「新嘗祭(にいなめさい)」の日だった。
神様に大地からの食物(五穀)の収穫に感謝し、翌年の豊作を祈る。
「かつての日本人はその意味や素晴らしさを十分に理解していた。」

「新嘗祭」の日を復活させたいものだ:

---
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/091123/acd0911230252000-n1.htm

【風の間に間に】論説委員・皿木喜久 「新嘗祭」に秘められた日本
2009.11.23 02:52

 終戦直後、日本人は戦争に負けるとはどういうことかを嫌というほど知らされた。GHQ(連合国軍総司令部)から新憲法を一方的に押しつけられたことはその最たるものだったが、「祝日」が全面改定されたこともそうだ。

 戦前の日本には、国の祝日と大祭日とからなる12の「祝祭日」があった。そのほとんどは紀元節、天長節など皇室の祭祀(さいし)を国民がともに祝う性質のものだった。

 しかし昭和20年12月、GHQはいわゆる「神道指令」で、そうした祭祀を皇室の「私的な行事」として祝日から排除した。代わりに昭和23年7月に制定されたのが、9つの「国民の祝日」である。このうち「春分の日」「文化の日」など6つの祝日は、それまでの祝祭日とおなじ日で、名称や意義を変えたものだった。

 「国民主権」の国家となったのだから一見、当たり前のように思える。だがその結果、新しい祝日が何を、何のために祝うのか極めてわかりにくくなった。

 例えば明治天皇の誕生日だった明治節の11月3日がなぜ「文化の日」なのか、皇室の祖霊を祭る春季皇霊祭がなぜ「自然をたたえ、生物をいつくしむ」(国民の祝日に関する法律)「春分の日」となったのか、理解は難しい。

 今日、11月23日の「勤労感謝の日」もわかりづらい。祝日法には「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日とある。だが実際には、年に1回親の肩たたきをする日ぐらいにしか受け取られていないようだ。

 祝祭日の時代には「新嘗祭(にいなめさい)」の日であった。23日の深夜から翌日未明にかけ、天皇陛下が天照大神をはじめとする神々に新しくとれた米や粟(あわ)のご飯や酒などをお供えし、自らも召し上がりになる祭祀である。

 7世紀の大化の改新の時代から11月の「下卯(げのう)の日」、つまり2回目の卯の日に行うよう決まっていたが、改暦が行われた明治5年の「下卯の日」が23日だったことから、この日に固定された。

 収穫を感謝するだけではなく、天皇ご自身も神々と「会食」されることで、翌年の豊穣(ほうじょう)に向けて力を得る意味もあるという。天皇陛下にとって、最も重要な祭祀とされてきたのだ。

 GHQがそうした祭祀と国民とを引き離そうとしたのは、日本の皇室に対する大いなる誤解からだった。天皇の最大の仕事は一時期を除けば政治ではなかった。日本古来の文化を体現、継承することだったという事実だ。

 今でも奥能登地方の「アエノコト」のように、神に新穀をささげ会食することで新たな力をいただく行事が日本中に残っているという。「新嘗祭」はそうした稲作にまつわる民間の伝承を取り入れたものだといっていい。

 天皇陛下が毎年「お田植え」や「稲刈り」をされるのも、そうした稲作文化を引き継いでいこうというご意志なのである。

 かつての日本人はその意味や素晴らしさを十分に理解していた。 だから、新しい祝日が制定される前、政府が行った「どんな祝日がいいか」という世論調査で「新穀に感謝する日」が約64%の支持を集めた。

 その稲作の危機が叫ばれて久しい。日本の食料自給率は4割まで落ち込んだ。立て直すには、稲作を中心に社会を築いてきた歴史をもう一度学ぶ必要がある。

 そのためにも、今日はやはり「新嘗祭」の日として祝いたい、と思っている。

産経新聞SS.jpg
---
BLOG RANKING:人気ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

万世一系 男系 皇室 [日本を知る]

日本を占領した米国GHQは日本を徹底的に弱体化しようとした。
彼らの大きな悪事の一つが憲法の制定であり現在の皇室典範の施行。
当時 即座に破壊できない皇室に対して仕組んだ 破壊のきっかけになる仕掛けだ。

昭和22年に施行された皇室典範により11家あった宮家(皇族)が 皇籍を離脱させられ
昭和天皇の兄弟である 秩父宮/高松宮/三笠宮の3家だけにさせられてしまった。

邪悪な米国GHQだ。

その後 常陸宮/高円宮/桂宮/秋篠宮の4家が創設されたが秩父宮家/高松宮家が断絶。
だから現在ある宮家は 5家しかない。

これにより現在まで2669年続く万世一系(男系)の天皇/皇室が破壊の危機にある。

皇室は 女=畑 に 男=種 があって男系が 2669年、125代 続いている。
女系では その流れが途絶え 皇室は 今までの皇室ではなくなってしまう。
日本は五穀豊穣を神々に感謝し、次の豊作を神々に祈る神道の世界、
そんなところに皇室も深くかかわっている。

すぐに皇室典範を改定、
あるいはハーグ条約に違反している現在の皇室典範を無効とし、
戦前と同様の宮家を復活させなければならない。

---
ところが 皇室を廃絶させようとする勢力が日本にいる。
NHKや日教組、中共や韓国勢など。

それに愛国心が全くない、国を売る連中がリーダーたちである
現民主党政権の体制下では 皇室典範をまともにすることは困難だ。

さらには 小林よしのり が壊れている。

2009/12/16号「SAPIO」(小学館)、
小林よしのり の「天皇論 追撃篇 / 「男系絶対」に後退させる同調圧力」は
男系支持者をクサし、女系天皇を容認する内容になっている。
「天皇論 追撃篇 / 竹田恒泰の「皇族復帰」はありえるか?」で
竹田恒泰をクサし、皇族復帰を完全否定する。

気分が悪くなる。

マンガ「戦争論」、「台湾論」等はすばらしい。
偉業でもあるし、誰もが読んでほしい。

だから 例えば パチンコ業界に「おぼっちゃまくん」のキャラを売るなどの
そんな悪臭には鼻をつまむことができた。

例えば 尊敬すべき 渡部昇一だって
かつては「田中真紀子総理大臣待望論」なんて本を出版している。
後になって あれは間違いだった、という旨のことを言っている。
誰だって そのようなミス/間違い/勘違いはある。

しかし 今回の小林よしのり は悪臭がしすぎて気分が悪くなる。
しかも「渡部昇一/小堀桂一郎/西尾幹二の感覚がやばい!」と言っている。
この悪臭で 皇室廃絶を反日左翼や NHK、日教組や中韓などは大喜びだ。

23万部も売れているという「天皇論」。
小林よしのり「天皇論」は すばらしい、女系天皇容認以外は。
だから 推薦できない。

皇室があぶない。
---
私たちは忘れない.jpg

BLOG RANKING:人気ブログランキングへ

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神道を理解した西洋人 (産経新聞) [日本を知る]

ずっと昔から 神話は語り継がれ 神道が日本の原動力だったんだ。
そして教育勅語にも その神髄は受け継がれた。
そしていまだって 日本の原動力は まだ神道にある。
生活や慣習やことばに その力が宿っている、気がつかないだけなんだ、と思う。
その日本の心を、しっかりと伝承する手をうつべきなんだ、と思う。

---
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/091209/acd0912090752004-n1.htm

【元気のでる歴史人物講座】(49)ジョセフ・メーソン 神道を理解した西洋人
2009.12.9 07:51

 昭和初期、日本文明の価値を世界に訴えた一西洋人がアメリカのジョセフ・メーソンである。

 彼が日本に関心を寄せるきっかけは日露戦争である。日本の勝利に驚嘆したメーソンは以後三十余年、日本研究に没頭した。たどりついた結論が近代日本躍進の原動力は神道にあるということであった。彼はいう。

 「日本人はその民族的潜在意識を保持すること、他の諸国民よりはるかに長かった」

 メーソンはこの民族的潜在意識を表現したのが古事記、日本書紀に記される日本神話であるという。

 日本人は神話の時代から今日まで人間の原始的心情を持ち続けてきた稀有(けう)の民族であった。外来の宗教、思想にのみこまれることなく仏教や儒教を融合し、民族本来の信仰、精神、生き方すなわち神道を決して失わなかった。メーソンは神道をこう理解した。

 「(神道の)元の名は神(かん)ながらである。ながらは『自発的』『と同じ』『…から』を意味する。神ながらというのは『すべてあるものは神なり』を意味している」

 日本人は人間のみならず他の生物、天地自然のすべての存在を神のいのちの表現として、天地自然の万物を崇拝してきた。キリスト教などの一神教のそれとは根本的に異なる日本人の生命観、自然観、世界観を是としたメーソンは「私はシントイスト(神道者)である。私は世界に比類のない神道を信奉する」と述べた。彼の遺骨は遺言により日本に眠っている。(日本政策研究センター主任研究員 岡田幹彦)

産経新聞SS.jpg
---
BLOG RANKING:人気ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

立憲君主としての天皇陛下 [日本を知る]

立憲君主制:
 憲法に従って行われる君主制
 原則として君主の権力が議会に制限を受けるようになっている制度。
(君主 :世襲による国家の統治者。天皇陛下)
(君主制:世襲の単独の首長(天皇陛下)により統治される政治形態)

日本の国のかたち についての記事:

---
憲法を素直に読めば天皇陛下が立憲君主で、首相らが臣下なのは明瞭だ。
国民主権となんら矛盾しない。

「立憲君主としての天皇陛下」

首相は国会の指名だけで就任できない。
天皇陛下から任命されて初めて首相になる。
最高裁長官も陛下の任命だ(憲法6条)。

国事行為(憲法7条)は多岐にわたる。
閣僚は天皇陛下の認証で国務大臣となる。副大臣や検事総長、大使ら認証官も同じだ。
法律、政令、条約の公布、国会の召集、衆院の解散、総選挙の公示、勲章の授与も国事行為だ。
すべて陛下の御署名と御押印が欠かせない。
海外からの賓客とのご会見、各国大使の信任状奉呈式など外交行事も多い。

天皇陛下によって政府や国会の決定に正統性と重みが付与される。
重責を託された首相らは襟(えり)を正し職務に励むよう自覚を促される。
政治家の権力行使よりも高い次元で、陛下は国を統治されている。

---
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091228/stt0912281917004-n1.htm

【政論】皇居移転、幕府政治に戻すのか
2009.12.28 19:17

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新年一般参賀 [日本を知る]

平成22年1月2日 新年一般参賀。
東京駅から歩いて皇居前広場へ。
途中で警察官による身体と荷物検査があって9時前に到着。
少し遅くとも一回目の お出まし には間に合った。
9時30分に 皇居正門から参入。

20100102_01一般参賀.jpg

続きを読む


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本国家建国 [日本を知る]

神武天皇は八紘一宇:
「天地四方に住むすべての者が、一つ屋根の下の大家族のように仲良く暮らそう」
として即位した初代天皇。

2月11日、日本国家が建国された日。
神話から続く歴史を誇る国家、日本。

まったくだ:
---
建国当初の国家がそのまま現在につながり、
神武天皇以来125代の長きにわたって皇統も継承されてきた。
この歴史に、国民はもっと誇りを持ってよいのではないか。
その誇りがひいては、日本の国を愛し、
日本の伝統文化や国語を大切にする心を養うことにもつながるだろう。
---

---
BLOG RANKING:人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パール下中記念館 [日本を知る]

近代史を まともに知れば知るほど
アメリカのイメージは白から黒になってドス黒くなり
邪悪な連中だ(った)とわかる。

日本はアメリカと自衛戦争をして負けて
東京裁判という茶番劇で アメリカは白、日本は黒だとされた。
…それは違う、日本/日本人は全員無罪と判決したパール判事。
 軍事裁判/パール判事:
 http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/0815-pal.htm

パール判事の貢献に深く感謝する。

だから靖国神社・遊就館の敷地にパール判事顕彰碑がある
 パール博士顕彰碑:
 http://www.yasukuni.or.jp/precincts/monument.html

箱根にはパール下中記念館がある
 パール下中記念館:
 http://www.shimonaka.or.jp/activity/shimonaka.html

行ってみた:

芦ノ湖に富士山:
20100322_00箱根・パール・下中記念館.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旗日には国旗 [日本を知る]

たまたまアメリカ出張した時期が独立記念日が近く
カリフォルニアの街中に、多くの民家にも 星条旗がはためき
通りを走る車の窓にも星条旗が揺れいていた。
さすがアメリカだ、
何か自由と正義を象徴しているかのようだ、
と勘違いして感心してしまったことを覚えている。
街中が国旗なんて 日本じゃありえないとも思った。

たまたまドイツへ出張した時期がサッカーワールドカップ ドイツ大会で
フランクフルトの街中に、多くの民家にもドイツ国旗がはためき
通りを走る車の窓にもドイツ国旗が揺れていた。
戦後こんなにドイツ国旗が街にあふれることは一度もなかった、
と地元のドイツ人が言っていた。
日本で大会があっても ここまで国旗が街にあるれるだろうか。
あっても同じくワールドカップ期間だけだ と思った。

いま日本では旗日に街中に日章旗がはためくことはない。
あっても交番や消防署、都営バス、あっても商店街などだけで
日章旗を掲揚している民家は ほんの少しだけ。
この5月の連休中に日章旗を掲揚してた民家(一軒家)は近所に数件しかない。

しかし戦中戦前の日本では旗日ともなれば
街中に白地に赤の鮮やかな日章旗が あふれいた。
誰もが日本が好きで誇りに思っていた。
それを日教組、NHKやマスコミは軍国主義に洗脳された結果だ、とか嘘を言う、
日本は先の戦争で巨悪だった、とか真実を歪曲し 戦争と日章旗を結び付けて日本をクサす。

日教組やNHK、朝日新聞やその関連出版社は嘘と歪曲で国民を騙す、
何度も繰り返し繰り返し嘘と歪曲を重ねる。
心底、性根がもう腐りきっている、重罪を犯している。

NHKの近代史関連の内容のテレビ放送は ほぼ全て歪曲/偏向/嘘されている。
本当に ひどい。
だからNHKは集団訴訟もされる:

 日本文化チャンネル桜
 一万人・集団訴訟 及び 名誉棄損訴訟
http://www.ch-sakura.jp/topix/1054.html

本当の歴史を知ると すごく驚くことになる。
日本は 世界で最も誇れる国だと知る。
いつか近い将来、誰もが真に日本を誇りに思い
旗日には また街中に日章旗があふれてほしいものだ と思う。

01.jpg02.jpg03.jpg
04.jpg05.jpg06.jpg
07.jpg08.jpg09.jpg

20090407_日章旗.jpg

BLOG RANKING:人気ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベランダに日章旗 [日本を知る]

旗日には、一軒家なら玄関に堂々と日章旗を掲揚したいものです。
しかしアパートマンションでは そうもいきません。
でもベランダになら日章旗を掲げることができます。

大きな日章旗でもいいのですが 場所の都合もあるし
ミニ日章旗なら空に掲げられます。

いつか近い将来 旗日には 日本の街中に
誇らしく日章旗がはためきますように。

(購入方法についての参考情報を下方に記します)

---
ミニ日章旗、旗はナイロン製でポールはプラスティック:
20100509_02a旗日・国旗掲揚_ミニ国旗.jpg
20100509_02d旗日・国旗掲揚_ミニ国旗.jpg

取り外せる吸盤があって窓ガラスに貼り付けることもできます:
20100509_02e旗日・国旗掲揚_ミニ国旗.jpg

ミニ国旗を立てる為の別売の立台:
20100509_03a旗日・国旗掲揚_ミニ国旗立台.jpg
20100509_03c旗日・国旗掲揚_ミニ国旗立台.jpg

国旗を立台に取り付けた状態、室内に設置できます:
20100509_04旗日・国旗掲揚_ミニ国旗.jpg

ベランダの物干し竿に国旗を取り付けるためのクリップ:
20100509_05a旗日・国旗掲揚_クリックス.jpg
20100509_05c旗日・国旗掲揚_クリックス.jpg

クリップ内側には滑り止めのフィルムがあって物干し竿をしっかり挟みます:
20100509_05d旗日・国旗掲揚_クリックス.jpg

ミニ日章旗もしっかり挟みます:
20100509_05e旗日・国旗掲揚_クリックス.jpg

クリップに日章旗を取り付け:
20100509_06旗日・国旗掲揚_クリックス.jpg

ベランダの物干し竿にクリップを取り付け:
20100509_07旗日・国旗掲揚_クリックス.jpg
20100509_08旗日・国旗掲揚_クリックス.jpg


購入方法:


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日の丸 街道 [日本を知る]

旗日には 日本の街中が 日の丸がはためいている、と想像する。
それは 大いに美しく、眩しく、誇らしく、
日本の存在の嬉しさを覚えるに違いない、
まともな歴史を知っていれば。

旗日には 3kmの距離にわたって日章旗が並ぶ道があるらしい。
すばらしい。
旗日に、日本晴れの空に、いつかいってみよう。

---
産経新聞 平成22年5月12日
『談話室』

美しい「日の丸の道」全国に
大学非常勤講師 * 65

大型連休中、4回の旗日があった。
いつものことならがら私が住む団地の250軒のうち、
国旗が揚げられていたのは、わずか10軒足らずだった。

「日の丸」には何の罪もないのに、
いまだに戦争責任をとらされ、冷遇されている。

隣町の菊陽町に鉄砲小路という地区がある。
江戸時代、藩が外敵に備えて鉄砲隊を配備していたところから、
その名があるという。
今でも剣道沿いに家々が規則正しく並び、
手入れが行き届いた生け垣が見事だ。

祝日にはこの道路沿いの全戸が国旗を揚げる。
強制ではなく、昔からみなさんが自主的に揚げていらっしゃると聞く。
3キロも続く「日の丸の道」は実に壮観で、
その美しさは何とも表現しようがない。

この「日の丸の道」を散策すると、
日本に生れた喜びと幸せ、安らぎを覚える。
全国各地にこのような道が増えれば、
日本が誇りと自信の持てる国家になるものと確信している。

(熊本県合志子)

* 新聞紙上では氏名は公開されてましたが念の為ここでは非公開にします
---
熊本県合志子じゃ10軒/250軒(4%未満)も国旗を揚げている…

---
鉄砲小路…すばらしい:
鉄砲小路_01.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本人の名刺 [日本を知る]

香港島s.jpg

ジェニーやカレン、マギー、キャロル、ケビンやビル、マイケル、ブルースなど
仕事でつきあいがある連中だけど みな香港中国台湾出身。
もちろん本名じゃない、しかし名刺には そう書いてある。
そしてお互い その英語名で呼び合う。
どうも妙だけど、実名を言われても、名刺に実名があってもまともに発音できない。
はっはーん、だから 彼らは英語名をつけたのだ。

いやもしかすると、それは白人に植民地化されていたころの名残かもしれない。
たとえば香港だって英国に100年間も支配されていた。
支配された漢民族はご主人様に英語名をつけられたのかもしれない。
その英語名がいまでも続き中国内や台湾に飛び火したのかもしれない。

日本はアジアで一度も植民地になったことがない。
ついでに一度も奴隷制をもったこともない。

そういえば こっちの名前をまともに発音できない外国人が多々いる。
舌がもつれるらしい…でもそんなの関係ない。
日本人は堂々と本名でいこうぜ。

---
Please do not disturb」ってボタンをOnにしてあるのに電話は関係ないらしい。
夜10時頃、鳴った電話に出ると「Happy Birthday」と。
部屋に Birthday Cake が運ばれてきた。

別のホテルでは朝食の席では女子従業員三名に囲まれて Birthday Cakeを差し出され
Birthday Songを合唱されてた同僚がいたっけ。

BirthdayCake1.jpg
BirthdayCake2.jpg

香港にて:
香港.jpg
---
BLOG RANKING:人気ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本国歌・日本準国歌・日本国民の歌 [日本を知る]

日本国歌 君が代:

君が代は
千代に八千代
さざれ石の
巌となりて
苔のむすまで



---

日本準国歌 海ゆかば:

海ゆかば 水漬く屍
山ゆかば 草むす屍
大君の 辺にこそ死なめ
かえり みはせじ



---

日本国民の歌 矜持:




続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

車に国旗、日本が好きだ ってことだよ [日本を知る]

週末の都内で警察官10人程度に囲まれた、手動鉄製ゲートで道を封鎖されて。
用事があって山王パークタワーへ行く手前でのこと。

山王パークタワー:
20100717_01首相官邸.jpg

リーダー格らしい警察官(だか機動隊員)の職務質問によると
車に貼ってある小さな日本国旗、日章旗が目ざわりだったらしい。

ここに辿りつく途中にいた警察官か何かが予め通報したに違いない、
「日章旗が貼ってあるからシルバー色ステーションワゴンを捕捉せよ」と。
だって いくら10人だかの警察官がいたって車後部の日章旗が見えるわけがない。

20100717_07首相官邸.jpg


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

特攻なんて ひどいことをやらせたトップ [日本を知る]

居酒屋で話をしている会社の後輩の自虐史観は何を言っても消えない。
どうなってんだ? 
歴史について完璧に思考停止している。
あるいはボケがひど過ぎるのか?
まるで何かの宗教心が脳幹にまで焼きついているようだ…洗脳って言うんだな。
こんな連中が 驚くほど多い。

しまいには言い出す
「特攻なんて ひどいことやらせたトップ」云々と真顔で怒る。
「戦後経済復興はアメリカのおかげだ」云々とのたまう。

たまげる。
暗澹とした気分になってくる。

ボケた連中を救うことは無理だと思うようになった。
日教組を解体し歴史教育をまともにすることが必須だ。

---
「ねずきちのひとりごと」の ねずきちさんの言うことに大いに共感:

「いま、私たちがこうして生きて繁栄を享受することができ、
 戦時中のいろいろな情報に接することができるのも、
 彼らが最後まで戦うことをあきらめず、
 このまま本土決戦に持ち込んだら、
 どれだけの損害を発生させることになるのか想像もつかないというメッセージを、
 連合国側に与えたからだ」

まさに。
でなければアメリカは更に徹底的に日本を破壊し尽くしていただろう。

8月15日 最後の特攻
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-990.html#more
---
Blog Ranking: 人気ブログランキングへ

nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - 日本を知る ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。